取扱商品
QRコード QRコード

ATABEY(アタベイ)のドミニカ共和国産高級コーヒー豆(フェアトレード)は携帯サイトからも注文可能です!

rss atom
ATABEY(アタベイ)とは

Café atabey
カフェ・アタベイは、コーヒーショップの名前ではありません。
ドミニカ共和国で生産されているコーヒー生豆(焙煎される前の豆)の名前です。
現地語のスペイン語では、“コーヒー”を“カフェ”と表し、語尾にアクセントを置いて「カフェェッ」のように発音します。
カフェ・アタベイは、アタベイ・コーヒーという意味なのです。

ATABEYの由来
カリブ海諸国の原住民であるタイノ族が信仰していた大地の女神。
その名が“アタベイ”です。
降り注ぐ太陽の光と大地のエネルギーが結実したコーヒー豆は、大地の女神“アタベイ”からの贈り物です。

生豆の特色
アタベイコーヒーはアラビカ種の中でも最も原種に近いとされている伝統的なティピカ品種を主に栽培(※1)したものです。
ティピカ品種は病気に弱く、直射日光にも弱いのでシェードツリーを必要とし、隔年での収穫になるので生産性が低く、手間のかかる品種です。
しかし、アタベイコーヒーはその深い香りと酸味の良さをコーヒー本来の味として後世に末永く伝えるべく、伝統的な栽培手法を守り続けています。
※1アタベイコーヒー農園では、サビ病によるコーヒーの全滅を防ぐために、病気に強いカトゥーラ品種も1割程度栽培しています。

【生豆データ】

一般情報
生産国 ドミニカ共和国
地方 ボナオ地方
モンセニョール・ノエル県
標高 平均海抜 1000m
(最低800m、最高1250m)
種類 アラビカコーヒー豆
品種 ティピカ、カトゥーラ
収穫時期 10月~翌年1月
生産最盛期 11月~12月
嗅覚、味覚等による品評
芳香 チョコレートを思わすデリケートな芳香
酸味 ほどよい柑橘系の酸味
ボディ ミディアムボディ
バランスよくなめらかに済んだ味わい

ATABEYのできるまで

  1.  栽培
    アタベイの農園は森林そのもの。
    険しい山道を標高1000mまで進み、生産地に足を踏み入れると多種多様な木が鬱蒼と生い茂るシェイドグロウン(※1)が再現されています。
    この農法の優れた点は、コーヒーを栽培することにより森林が保たれる事です。ここでは良質なコーヒー豆の栽培には森林樹木も必要なものとして、コーヒー生産者により大切にされています。
    農薬や化学肥料は一切使用しておらず、自然に恵まれた100%アラビカ豆がアタベイです。アタベイは、昔ながらの伝統的な有機栽培を取り入れて自然と人との共存を目指しています。
    ※1森の木陰で栽培を行う伝統的な日陰栽培農法
  2.  収穫
    普段は森林に溶け込んでいるコーヒーの木も、艶やかな赤い実をまとう8月から年末にかけては森の主役になります。
    収穫は、熟練の生産者が完熟したコーヒーチェリーを一粒一粒丁寧に手作業で摘み取ります。
  3.  生産
    収穫されたコーヒーの実は青果検査をし、合格した果実は当日中に果肉が取り除かれます。生豆に付着する粘液は自然に滴り落ちるのを待ち、粘着物は発酵槽に入れ、100%自然発酵させたあとコンクリートの上で平均6日間、天日干しされます。
    一度下げた生豆の含水比を戻さないように、最新の注意が払われます。
  4.  出荷
    出荷直前にもう一度天日干しを行い、生豆の含水比を11%にまで低下させます。パーチメント(内果皮)を割り、ふるい分けて選別した後に麻袋につめられコンテナ船で、日本に向けての長い旅が始まります。日本に到着した生豆は皆様のもとにお届けできるまで、定温倉庫で出荷を待ちます。